隆之介。あっちの世界とこっちの世界

リネでの出来事を適当に書いていきますです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには戦争の記事でも~~ギラン戦~~

普段は戦争のことを書かないんですが、
ちょっとネタ不足なもんで、たまには書いてみます。
ちなみに、戦争のSSは撮ってるほど余裕ないのでほとんどありません。
まず、土曜日。

この日は共闘内での持ち城がなく自由に動けるということで、
creo同盟(SS・海の蒼・神)は、インナ攻め(城持ちはCLOVER)
それ以外のWISH・侠は、ギラン攻め(城持ちはBLITZ)
という形になりました。

自分はギラン攻めでして、戦場内スタートのため、
早めにギラン南壁前集合して準備しておりました。

そして、いざ攻城戦スタート。
予定通り南壁付近に陣取り陣地を建てます。
この際、相手側が突撃してきても英雄フィアーで戦力を削ぎ、
盟主を守り陣地を建てさせる戦略でした。
陣地を無事建てることが出来、裏口・正門側にてライン戦を行い、
これから壁破壊しようとした時に、
釣りさんの大群が押し寄せてきました。

これには戦力差で陣地も守りきれることもなく、あえなく一時撤退となりました。
釣りさんは、WISH・侠だけでなくBLITZさんも撃退していました。

そこに、creo同盟がインナで接戦をしているという連絡が入り、
一時的に全軍インナに向かい、体制を整えようということになり、
ギラン攻めのWISH・侠はインナに向かいました。

インナではギラン布告組はcreo陣地守備中心、
creoが城攻めとなり、数の差もあり無事インナ城を取ることができました。

その後の行動を協議している時、
釣りさんのうち、DWさんなどがギランから撤退、
残りの釣りさんとBLITZさんが戦闘している。との情報で、
一時インナを放棄し、全軍ギラン攻めになりました。

全軍ギラン村から一気に戦場になだれ込みます。
城向かって左側に釣りさん、右側にBLITZさんがいて、
これより事実上の三つ巴の激しい戦いの始まりです。

一進一退の激しい攻防です。
どこかの勢力が優勢になると、村からの復帰組みで別の勢力が優勢となり
目まぐるしく戦況が変わっていきます。
釣りさんを攻撃してると背後からBLITZさんの人たちに殴られたり、
釣りさんとBLITZさんが争ってるところに攻撃したり。
釣りさんとBLITZさんに挟まれて、「これまでか」と思うような場面もありました。
この乱戦具合が攻城戦の醍醐味でしょうか。

この乱戦の合間をぬって味方が場内制圧、同盟内クランが刻印し城を取りました。
しかし、このまま終わるわけもなく、場外・場内所構わず三つ巴が続いています。

残り10分を切った所で、BLITZさんが優勢になり、
刻印部屋を制圧されBLITZさん側盟主2名による刻印が始まりました。
指揮チャットにて刻印妨害・盟主排除の指示が出て、
残り少ない戦力で刻印部屋に向かうと、スローブをBLITZさんが固めていました。
その中で刻印台で妨害している味方のタンカーさん(←BLITZさんのタゲを一身に浴びながらも
刻印している盟主を1名排除し、別の盟主も妨害していました)を援護すべく、
自分はスローブからアースなどのタゲ解除などで必死に援護しましたが、健闘むなしく撃沈。

ここで残り5分を切り、タンカーさんもヤバい状況になったところで、
味方のPCが一斉に刻印部屋に突入、BLITZさんに遠距離砲がいなかったのが幸いしたか、
刻印部屋2階から味方の遠距離砲がBLITZさん盟主に一斉射撃開始。
BLITZさん盟主も持ちこたえてましたが、さすがに集中砲火には耐え切れず撃沈。

ここで時間切れとなり、なんとかギランを獲得することに成功しました。
前回のルウン戦もそうでしたが、非常に激しい戦闘となりました。
途中の乱戦具合では、城は取れるとは思っていなかったので、結果としても良かったです。
みなさん、激しい戦闘で非常に楽しかった。という声が多かったです。

この日の戦闘での死亡5回、消費した高級闘志POT約500個。

次回は、オーレン戦を適当に書いてみようと思います。
駄文ですいません。。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takaspace.blog37.fc2.com/tb.php/104-1943e0f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

リネ2画像の引用元

Lineage (R) II and Lineage (R) II the Chaotic Chronicle are registered trademarks of NCsoft Corporation. 2002-2005 (c) Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish,  distribute, and transmit Lineage II the Chaotic Chronicle in Japan . All Rights Reserved. 本サイトに記載の記事の無断転載、転用を禁止します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。